Gallery Nomart (ギャラリーノマル) 取扱アーティスト作品・グッズなら当Storeへ!

ASIA (エイジア) - ALTO SAXOPHONE SOLO
CD

2,000円(税込2,160円)

定価 2,000円(税込2,160円)

購入数
Artist:橋本孝之 / Takayuki Hashimoto (.es)
Title: ASIA(エイジア) - ALTO SAXOPHONE SOLO

----------------------------------------------------------------------------------------------------
エクスペリメンタル音楽シーン屈指の存在、鬼才・橋本孝之が放つ、サックスソロ第2弾!
WIRE誌で絶賛された前作からさらなる高みへ!

.es(ドットエス)、Kito-mizukumi rouber(キトミズクミロウバー)のメンバーであり、
2016年にはグンジョーガクレヨン新譜へのゲスト参加でも話題を集めた橋本孝之。
過去3枚のソロアルバム(サックス、ギター、ハーモニカ)全てが国内音楽メディア及びWIRE誌で高評を得た、
エクスペリメンタル音楽シーン最注目のアルトサックス奏者・橋本孝之が放つ完全ソロライブの最高傑作!

2017年5月24日リリース!


2017.5.24.wed Release
Artist: 橋本孝之(.es)
Title: ASIA /エイジア
Format: CD
JAN cord: 4560443380238
Catalog no.: NOMART-113
Label: Nomart Editions(ノマル)
Price: 2,000円(税込2,160円)

------------------------------
Art Work:
Recorded live at ART SPACE BAR BUENA, Shinjuku, Tokyo on Oct 14th 2016.
Art direction & Produce: 林聡 Satoshi Hayashi
Art work: 韮澤アスカ Asuka Nirasawa “incarnation 1(Cover)”, “cell 1(Back cover)”
Liner notes & Comment: 剛田武 Takeshi Goda *「地下音楽への招待」(ロフトブックス)著者
Design: 笹岡克彦 Katsuhiko Sasaoka
Management: sara (.es)
in memory of Hideo Ikeezumi

number:
ASIA 26:42
total 26:42


----------------------------------------------------------------------------------------------------
profile:

橋本孝之 Takayuki Hashimoto

2009年、コンテンポラリー・ミュージック・ユニット.es(ドットエス:橋本孝之&sara)結成。現代美術画廊「ギャラリーノマル」をホームに、即興音楽の新境地を提示。
その圧倒的な存在感は瞬く間に注目を集め、.esとしては2013年 P.S.F. Recordsよりアルバム「void」リリース、2014年 美川俊治(非常階段/インキャパシタンツ)とのコラボアルバムを香港・Re-Recordsよりリリース、2016年 K2とのコラボアルバム「Blackhole」リリース(Musik Atlach)他多数リリース。
本作と同日リリースとなるP.S.F. Recordsのアーティスト達が有志で集い、未発表音源を集めたオムニバス・アルバム「Tokyo Flashback P.S.F.~Psychedelic Speed Freaks~」へ.esにて参加。

ソロとしては2014年のアルトサックスソロ「COLOURFUL」(JIGEN-PRODUCTION / Nomart Editions)、日本のサウンドアートの第一人者・藤本由紀夫とのコラボレーションによるギターソロ「Sound Drops」(Nomart Editions)、ハーモニカソロ「SIGNAL」(Nomart Editions)、その他精力的なLive活動とリリースを短期間で成し遂げ、いずれも英音楽誌「WIRE」にて紹介される。

2015年にKito-mizukumi rouberに正式参加、2016年に結成37周年を迎えた日本の前衛ロック界の伝説的グループ、グンジョーガクレヨンの新譜にアルトサックスでレコ―ディングメンバーとして参加。2017年より内田静男とのユニット「UH(ユー)」始動。
アートシーンでは2011年「させぼアートプロジェクト」(長崎)、2013年 静岡市立美術館、2016年 大分県立美術館で招聘公演。2017年「龍野アートプロジェクト2017」(兵庫)出演。

あらゆるジャンルを縦横無尽に横断する音楽家として独自の存在感を放っている。